テキストサイズ▶ 小 |中 |大 |

部会・支部・地区活動

商業部会

部会長 庄 司  充

災害に備え知識習得

 商業部会では、災害支援ネットワーク協議会提案事項の具体化として、一昨年の東日本大震災を教訓にした、「大規模災害発生!~事業所・地域住民としての対処・対応~」と題し、せんだい泉エフエム放送㈱取締役事業部長 防災キャスター 阿部清人氏を講師に迎え、防災教育講習会を実施しました。
講習会では今後発生するであろう災害に備える為、迅速かつ的確な対処・対応方法や、如何に被害を最小限に食い止めて、市民の安全確保と生命財産を守るかについて学びました。


工業部会

部会長 庄 司  俊 充

工業部会員紹介事業

本会工業部会では、部会員情報交流事業の一環として、部会員相互の情報交流・発信を行うことを目的にみやぎ仙台商工会ホームページに「工業部会員紹介事業」サイトを設けることとしました。
『工業部会員紹介事業」サイトでは、地元企業として自社の所在地・連絡先・取扱製品・技術等をアピールして頂く場所としてご活用いただき、企業経営の一助になればと考えております。
左のバナーから紹介ページをご覧ください。

LinkIcon工業部会員紹介事業ページ

炭窯開発プロジェクト

花炭(はなすみ)の製作について(PDF285KB)完成した報告書をご覧ください。【PDF 約10.7MB】工業部会では、平成24年度より「ドラム缶を利用した炭焼き釜による木炭の作成事業」を展開しておりましたが、この度、インテリアとしても常備できる炭「花炭」の製作に挑戦いたしました。
作成した花炭は商工会館の玄関に展示しておりますので来館の際にはぜひご覧ください。

建設業部会

部会長  小笠原 陽治

気仙沼復興商店街視察&建設職工組合員との情報交換会を実施

 建設業部会では、復興支援のあり方と被災地住民の生の声を直接聞きたいとの要望から2月16日、予定人数を大きく上回る総勢47名の参加のもと、気仙沼復興商店街「紫市場」を訪ねました。ここでは商店街の方々より、震災当日の様子や商店街を立ち上げるまでの経緯や現況、また建設職工組合員より震災時の対応や気仙沼市の復興状況について講演いただき、引き続き支援の必要性と復興までの道のりもまだまだ遠いと感じる研修でした。


サービス・観光業部会

部会長  遊 佐  祝 治

現代版“かてもの”エコレシピの発表

 サービス観光業部会では3月22日、鷹泉閣岩松旅館調理部長菱沼文男氏講師のもと岩松旅館を会場に、「現代版かてものの研究発表会」を開催しました。
「かてもの」とは上杉鷹山公の時代に米沢藩で飢饉による餓死者を出さないために作られた山野草の見分け方・食べ方を記載した書物であり、北海道の屯田や戦時中にも活用されたものです。しかし現代では緑も少なく、「かてもの」そのものを活用することが難しいことから「現代版かてもの」では、野菜や果物の皮や芯といった普段廃棄する部分を利用した料理に切り口を変えての研究の発表となりました。参加者からとても有意義な内容だったと好評でした。


 みやぎ仙台商工会

本  所:〒981-3124 仙台市泉区野村字太斉山4-6 電話:022-372-3545 Fax:022-375-7475
宮城支所:〒989-3127 仙台市青葉区愛子東6-4-5 電話:022-392-6571 Fax:022-392-3945
秋保支所:〒982-0243 仙台市太白区秋保町長袋字大原45-1 電話:022-399-2846 Fax:022-399-2260